マタタビへようこそ

全て廃材から作られている製品です。企業様のお手伝いから、実際に販売している商品を
掲載しています。運営している会社は、再生プラスチックを製造販売する会社ですが、リサイクルしていく中で、もっと端材そのものの特徴やデザインを活かしたリサイクルができるはずと思い、マタタビを立ち上げました。廃材に新たな息吹ををテーマに活動をしています。

リサイクルが難しい端材にも

リサイクルが難しそうな端材にも必ず再び輝ける場所があるはず。
選別から、加工方法まで工夫して、次の場所を見つけてあげるのが、マタタビの仕事です。

会社概要

リサイクル企業の株式会社エーペックスジャパンが運営しています。リサイクルの経験と技術そしてアイデアで、お客様の端材リサイクルのお手伝いをしています。

株式会社エーペックスジャパン HP : www.apex-ecofuture.com
 

ブログ

バイオマスABS

Starch Resin(でんぷん樹脂)とABSやPC樹脂とのコンパウンドグレードです。 でんぷん樹脂からなるバイオPEなどは有名で、コンビニやごみ袋などで使われています。 エンプラ系のバイオマス樹脂はまだ多くはないので、色々と相談はいただきます。 でんぷん樹脂石油系樹脂に替えて、でんぷん樹脂を配合すれば、その分だけプラスチックの使 用削減ができますし、他の熱可塑性樹脂同様にマテリアルリサイクルもできますので、今後期 待できる環境素材と思っています。これで3Dフィラメントも作ってみようと思います。

リサイクル3Dフィラメント

水ボトルサーバーのボトル(通称ガロン缶)を3Dフィラメントにリサイクルしてみました。 使用済みのガロンボトルを粉砕し、フィラメント押出機に入れてみました。 ガロン缶の樹脂はポリカーボネートかPET系樹脂が多いですのでフィラメントに適していま す。 さてさて、粉砕品はこの通り これをフィラメント押出機に入れ、フィラメントと造形品を作ってみました。 想像通り。 他にも、顔料を入れてマーブル調にしてみました。

海洋プラのリサイクル

海洋プラのリサイクルはできないものか、と考えていますが プラスチックなのか、なんの樹脂なのか、と考え出すと非常に難しい気がしていました。 これをマグネットで金属を除去し、更に細かく粉砕し、リサイクル樹脂と混錬してみました。 物性調整は必要ですが、意外といい色が出ました。 これをプリンタで出力し一応形になりました。 このフィラメントを3Dプリンタへ入れて、どうでしょうか。 一応、ボルトになりました。 3Dペンかプリンタで造形品を作り、再利用できそうな気がしています。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は、info@apex-ecofuture.com もしくは ☎️ 048-294-3177
までお願いします。